読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

本屋で本を買うということをしなくなった

本屋で本を買う。

当たり前のように聞こえるが、そんな当たり前の事をずいぶんやっていない。

では本をどのように購入しているのか、ネットである。

だって便利。

ワンクリックすれば家まで届けてくれるし、ポイントなんかも付与される。

本屋まで行く労力(場合によっては、交通費やガソリン代)をかけずに欲しい本が手に入る。

繰り返すが便利。

ではこれで満足か、と問われれば、満足ではない、と俺は答える。

 なぜ満足ではないのか?こんなに便利でお得なのに。

本屋で本を探す、見る、ぶらぶらする、という行為そのものが俺は好きだからだ。

 よく言われることではあるが、目的の本以外の目についた本を手に取ってパラパラめくってみることで新たな発見、出会いがある、ということがあり、俺もそういうのが好きなのだ。

 

それに、本屋の空間そのものが好きってのもある。

本がずらりと並んでいる棚の間を、ぶらぶらと背表紙や平置きされた表紙を眺めながら歩く時間ってのが、たまらなくいい。

だからやっぱり、俺は本屋に行く。

そこで、これいいな、と思ったものは買う。ネット通販で。

だって、荷物にならないしね。

 

最近よくある本屋とカフェのハイブリッド、あれは好きになれない。

なぜなら、本を探しにくいから。そしてざわざわしてるから。

そしてこういう本屋は、カフェスペースで本屋で売られている本を読むことができるってのが多い。

これから買おうかってしてる本にもしかしたらコーヒーの染みがついてはいないだろうか、などと要らぬ心配をしなければならないのが嫌だ。

なぜハイブリッドするのか、俺には理解不能だが、なんか文化的~、とか思う人があるのかもしれない。

こんな本屋ばかりになれば、俺にとっての本屋は、ますます雰囲気だけを楽しむ存在になっていきそうだ。