読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It is slow to notice

音楽通、映画通っぽく見られるためのぜんぜん通じゃない批評ブログ。

期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

【映画】『2001年宇宙の旅』の通っぽい感想

映画 2001年宇宙の旅 スタンリー・キューブリック

【通っぽい感想】

『HALってIBMのアルファベットを1文字づつずらしてるんだよね』

かなり有名な話なので通っぽくもないけど、この話がなぜか昔から好きなので取り上げてみました。今、IBMと聞いて『コンピューターのメーカーでしょ?』っていう人は少ないんじゃないかな。

2001年宇宙の旅といえばSF映画の金字塔!ですが、あえてこの軽い感じのエピソードが個人的にすんなり自分の中に入ってくるのかもしれません。

CGがない時代に撮影されたとは思えないクオリティの高さで、今の目で観てもまったく古さを感じません。

ラストの展開がまた素晴らしく、何度観ても新たな発見がある映画です。

 

 

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

 

 

 人類の夜明け(THE DAWN OF MAN)

遠い昔、ヒトザルが他の獣と変わらない生活を送っていた頃、黒い石板のような謎の物体「モノリス」がヒトザルたちの前に出現する。やがて1匹のヒトザルが謎の物体の影響を受け、動物の骨を道具・武器として使うことを覚えた。獣を倒し多くの食物を手に入れられるようになったヒトザルは、反目する別のヒトザルの群れに対しても武器を使用して殺害し、水場争いに勝利する。歓びのあまり、骨を空に放り上げると、これが最新の軍事衛星に変る(人類史を俯瞰するモンタージュとされる)[2]に人類が住むようになった時代。アメリカ合衆国宇宙評議会のヘイウッド・フロイド博士は、月のティコクレーターで発掘された謎の物体「TMA」(Tycho Magnetic Anomaly, ティコ磁気異常、通称「モノリス」(一枚岩))を極秘に調査するため、月面クラビウス基地に向かう。調査中、400万年ぶりに太陽光を浴びたモノリスは強力な信号を木星(小説版では土星)に向けて発した。木星使節(JUPITER MISSION)18か月後、宇宙船ディスカバリー号木星探査の途上にあった。乗組員は船長のデビッド・ボーマンとフランク・プールら5名の人間(ボーマンとプール以外の3名は出発前から人工冬眠中)と、史上最高の人工知能HAL(ハル)9000型コンピュータであった。順調に進んでいた飛行の途上HALは、ボーマン船長にこの探査計画に疑問を抱いている事を打ち明ける。その直後HALは船のAE35ユニットの故障を告げるが、実際には問題なかった。ふたりはHALの異常を疑い、その思考部を停止させるべく話しあうが、これを察知したHALが乗組員の殺害を決行する。プールは船外活動中に宇宙服の機能を破壊され、人工冬眠中の3人は生命維持装置を切られてしまう。唯一生き残ったボーマン船長はHALの思考部を停止させ、探査の真の目的であるモノリスの件を知ることになる。