読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It is slow to notice

音楽通、映画通っぽく見られるためのぜんぜん通じゃない批評ブログ。

期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

【映画】『ストレイト・アウタ・コンプトン』の通っぽい感想

映画 ストレイト・アウタ・コンプトン N.W.A NWA FUNKADELIC PARLIAMENT ファンカデリック パーラメント HIPHOP RAP ラップ ヒップホップ p-funk

【通っぽい感想】

『パーティ会場で流れてる”One Nation Under A Groove”ってやっぱいいよね。』

はい。N.W.Aについてではなく、ファンカデリックFUNKADELIC)の曲について語りましょう。

N.W.Aのメンバーが聴いてきた音楽についても知ってるんだということをアピールすることで、HIPHOP文化に精通している感、平たく言うと、ニワカではない感を出すことができるのではないでしょうか(多分)。このとき、”ファンカデリック”のことを”ファンカ”、”パーラメント”のことを”パーラ”ということで更に通っぽさをアピールすることができるでしょう(多分)。

映画は、青春ストーリーとサクセスストーリー、そして、挫折など盛りだくさんで飽きさせません。

この映画で、アイス・キューブの良さを再認識しました。

 

ストレイト・アウタ・コンプトン

ストレイト・アウタ・コンプトン

 

 

 1986年、全米で屈指の治安の悪い地域、カリフォルニア州コンプトン。ドラッグの売人として生活するエリック/イージー・E( ジェイソン・ミッチェル)はロサンゼルス一帯でムーブメントとなりつつあったヒップホップに取り憑かれ、音楽ビジネスで生計を立てようと考えていた。DJとして活躍していたドクター・ドレ(コーリー・ホーキンス)やリリックメイカーのアイス・キューブ(オシェア・ジャクソン・Jr)を加えて、エリックはストリートラップ・グループ、N.W.A.を結成する。彼らの暴力的な日常を題材としたラップはギャングスタ・ラップと呼ばれるようになり、ファースト・アルバム『ストレイト・アウタ・コンプトン』は累計300万枚を超える大ヒットとなる。N.W.A.の存在が社会現象にまでなる一方で、その攻撃的で過激なメッセージから警察やFBIの監視対象となり、世間からの大きな非難にも晒されるようになった。更に、ギャランティーの配分問題からイージー・Eやプロデューサーと対立したアイスキューブがグループを脱退、各メンバーの間にも亀裂が生じるようになる。