読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It is slow to notice

音楽通、映画通っぽく見られるためのぜんぜん通じゃない批評ブログ。

期間限定イチ押しグルメが大集合!買うなら楽天市場

【映画】『ミッション:インポッシブル / ローグ・ネイション』の通っぽい感想

ミッションインポッシブル 映画 トムクルーズ

【通っぽい感想】

『表情で合図するのってカッコいいよね』

え〜っと、すみません。ただの個人的意見ですね。

この映画の中では、表情で合図するシーンがたくさんあります。

イーサンがシンジケートに囚われている部屋から脱出するときや、カフェでベンジーが解放されたあとのイルサとの合図などがそうですが、それがすごくいいなと思ったわけです。

日本では、こういう”表情”もしくは”眼”でコンタクトをとるという機会はなかなかないのではないでしょうか。仮にこちらからなんらかの合図を送ったとして、相手がそれをちゃんと理解してくれるでしょうか。相手が理解してくれなかった場合、合図を送ったこちらは、”なんか変な表情をしてるキモいおっさん”としか見られない可能性があり、下手をすると職務質問を受けたり、最悪の場合、警察に連行されるなんてことも予想されますので気をつけましょう。

それにしても、イルサ役のレベッカ・ファーガソンってすごくお綺麗ですね。

 

 

 

続きを読む

【映画】『2001年宇宙の旅』の通っぽい感想

映画 2001年宇宙の旅 スタンリー・キューブリック

【通っぽい感想】

『HALってIBMのアルファベットを1文字づつずらしてるんだよね』

かなり有名な話なので通っぽくもないけど、この話がなぜか昔から好きなので取り上げてみました。今、IBMと聞いて『コンピューターのメーカーでしょ?』っていう人は少ないんじゃないかな。

2001年宇宙の旅といえばSF映画の金字塔!ですが、あえてこの軽い感じのエピソードが個人的にすんなり自分の中に入ってくるのかもしれません。

CGがない時代に撮影されたとは思えないクオリティの高さで、今の目で観てもまったく古さを感じません。

ラストの展開がまた素晴らしく、何度観ても新たな発見がある映画です。

 

 

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

 

 

続きを読む

【音楽】『Machine Gun / Jimi Hendrix ( Band Of Gypsys) 』の通っぽい感想

ロック ジミヘン jimihendrix exp gypsys machinegun マシンガン

【通っぽい感想】

『エクスペリエンス時代もいいけど、バンドオブジプシーズの方がファンクっぽくて好き。』

ジミヘンは作品すべてがすごいですが、どうしてもエクスペリエンス派(以下EXP)とバンド・オブ・ジプシー派(以下BOG)に分かれるような気がします。そして人気があるのはエクスペリエンス時代のように思われます。

まあ、EXP時代の方がヒット曲がたくさんあるので無理はないと思いますが、そこであえてBOG好きを宣言しましょう。しかもそこに、”ファンクが~”などと付け加えることで、ジミヘンをロックというカテゴリーだけでなく、ブラック・ミュージックとしてとらえている感をプラスすることができ、より通っぽさが増すのではないでしょうか。(多分)

そしてこのアルバムですが、BOGのデビュー・ライブを初めて曲順通りに納めたもので、内容は素晴らしいに決まっているじゃありませんか!必聴です!

 

MACHINE GUN JIMI HENDR

MACHINE GUN JIMI HENDR

 

 

続きを読む

【映画】『ストレイト・アウタ・コンプトン』の通っぽい感想

映画 ストレイト・アウタ・コンプトン N.W.A NWA FUNKADELIC PARLIAMENT ファンカデリック パーラメント HIPHOP RAP ラップ ヒップホップ p-funk

【通っぽい感想】

『パーティ会場で流れてる”One Nation Under A Groove”ってやっぱいいよね。』

はい。N.W.Aについてではなく、ファンカデリックFUNKADELIC)の曲について語りましょう。

N.W.Aのメンバーが聴いてきた音楽についても知ってるんだということをアピールすることで、HIPHOP文化に精通している感、平たく言うと、ニワカではない感を出すことができるのではないでしょうか(多分)。このとき、”ファンカデリック”のことを”ファンカ”、”パーラメント”のことを”パーラ”ということで更に通っぽさをアピールすることができるでしょう(多分)。

映画は、青春ストーリーとサクセスストーリー、そして、挫折など盛りだくさんで飽きさせません。

この映画で、アイス・キューブの良さを再認識しました。

 

ストレイト・アウタ・コンプトン

ストレイト・アウタ・コンプトン

 

 

続きを読む

【映画】『キック・アス』の通っぽい感想

映画 キックアス キック・アス クロエ・グレース モレッツ クロエ・グレース・モレッツ kickass

【通っぽい感想】

 キック・アスのガンアクションってなかなかじゃない?』

これはかなり苦しい!

だって観たいのは、クロエ・グレース・モレッツが可愛い顔して悪人を残虐に(ちょっとグロく)やっつけるところ。しかも、かなりダーティなお言葉をお吐きになりながら。そこがいいんだけど、それは口が裂けても言えません。そこで苦し紛れのこのセリフです。

ガンアクションはほんとにすごいんだけど詳しく薀蓄を言うほどの造詣はない。そして、あからさまにクロエ・グレース・モレッツ目当てだと悟られたくない。でも、映画はめちゃくちゃ面白いのでその話はしたい。もう、精神が分裂しそうです。ぜんぜん通っぽくなくなっちゃったけど、この映画はほんとにおもしろいです!

 

 

続きを読む

【映画】『タクシードライバー』の通っぽい感想

映画 タクシードライバー デニーロ ジョディフォスター タンカースジャケット タンカース フライトジャケット

【通っぽい感想】

デニーロが着てるタンカースの左腕に付けてるパッチのKing Kong Companyって、トラヴィスベトナム戦争の時に所属してた部隊なんだよね。架空だけど。』

はい。もう、映画の感想ですらありません。タンカースジャケットの薀蓄をしゃべっているだけです。

いや、タンカースの薀蓄でもありませんでした。タンカースに縫い付けてあるパッチの話です。

映画の内容については、ラストの解釈を含めていろいろネタは尽きませんが、ここは敢えてのタンカースです。映画の内容について語るとなると、アメリカの狂気が~とか、ベトナム戦争の影響が~なんて重い内容になります。だから敢えてですよ。

映画はもちろんのこと、ファッションにもアンテナ張ってますよアピールができるのではないでしょうか。(タンカースでできるのか?)

 

 

続きを読む

【音楽】『Kind of Blue / Miles David』の通っぽい感想

マイルス・デイビス マイルス ジャズ jazz miles milesdavis kindofblue ビル・エバンス billevans

【通っぽい感想】

『これってビル・エバンスのアルバムだよね』

カインド・オブ・ブルーについて調べると必ずモードがどうたらという文章を見かけますが、音楽をアカデミックに捉えられない僕のような人間にとってはどうでもいいです。

世界で一番売れ続けているアルバムとして有名ですが、そのアイデアビル・エバンスのものだともよく言われます。

そこでこの一言ですよ。いかにも知ってる感が出るのではないでしょうか。

 

Kind of Blue

Kind of Blue

 

 

続きを読む